道路反射鏡(カーブミラー)設置工事

道路反射鏡(カーブミラー)設置工事

狭い場所や見通しの悪い交差点で肉眼では死角となる方向をミラーによって目視することで死角の状況確認が出来ます!交通安全施設の1つとして・・・弊社では公共道路をはじめ各自治会が管理する生活道路にも多数の道路反射鏡を設置してきました。数多くの実績があります!まずは、ご相談を!

見積無料!まずはお気軽にご相談ください。

お見積り依頼はこちら

道路反射鏡の種類

道路反射鏡(カーブミラー)は車両の通行速度や道路の広さ、また設置する場所の環境などによりさまざまな種類のミラーがあります。

ミラーの大きさ

道路の幅員や走行速度などで、大きさが変わってきます。一般的にミラーの径がφ600・φ800・φ1000が使用されることが多くミラーの径により支柱の寸法と基礎の寸法も変わってきます。

また、T字の交差点などはよく角ミラーが使用される事が多いです。角ミラーの寸法は450×600もしくは600×800のサイズとなります。いずれかのミラーの寸法やT字交差点の場合、2枚ミラーを取付ける事も可能ですので、それにより支柱と基礎の寸法も変わります。

ミラーの材質

一般的にオレンジ色のミラー(アクリル材質)とオレンジ色の支柱(鉄の鋼管柱にオレンジ色を塗装した物)を設置する事が多いです。傷みやすい場所(交通量の多い場所や海の近くなど腐食しやすいような場所)は、銀色のミラー(ステンレス材質)と銀色の支柱(鉄の鋼管柱に溶融亜鉛メッキが施してある)を設置する場合が多いです。

φ600アクリルミラー

φ600アクリルミラー

450×600角両面アクリルミラー

450×600角両面アクリルミラー

見積無料!まずはお気軽にご相談ください。

お見積り依頼はこちら
有限会社シンセリティ